>

スクール形式のコスト

スクールやカリキュラムによって学べる範囲は様々ですが、スクール型の幼児教室の場合は週1度のコースで月5000~1万円程度がほとんどです。一つのカリキュラムに特化しても良いですし、複数のカリキュラムを利用するのも良いです。但しこの場合、月額費用以外にもテキストや機材の費用が発生するケースもあります。もちろんお子さんを送り迎えする際に交通費も発生しますので、実際は月1万5000円~2万円程度は発生すると考えた方が良いです。
カリキュラムは1コマ90分ほどなので、預けている間に買い物へ行ったりリフレッシュ出来たりするのもメリットの一つです。
但しランニングコストとして毎月多くの金額が発生するので、家計にダメージを与えてしまう場合もあります。預けている時間は親子のコミュニケーションが取れないので、お子さんとずっと一緒にいたい方には不向きです。

通信教育形式のコスト

幼児教育といっても実際に通う、スクール形式だけではありません。通信教育を利用すれば自宅で、スクールと同じ事を学べます。この方法だと費用相場は2000~5000円の範囲なのでスクールよりも、かなり安価で始められます。教材はお子さんと一緒に遊べる知育玩具やテキストなどが着いているので、親御さんも一緒になって学ぶ必要があります。
この方法のメリットは何と言っても安価で始められる点です。またお子さんと一緒になって学べるのでスキンシップが取れる点も大きな強みです。お子さんが長く使える付録を用意しているので、次から次へとおもちゃを買い与える事を防げる点もありますが、教材について親御さんがまず理解しないと使う事が出来ません。
一緒になって勉強をする、というスタンスを受け入れられないと通信教育型の幼児教室は厳しい面もあります。


これから通う方必見!料金相場を大公開

この記事をシェアする