>

申込から体験までの流れ

幼児教室を利用する場合、まずはネットやメール、電話などで申込希望のサービスにアポを取りますが、よくサービスを確認したい場合は事前に資料請求をしていくと良いです。
資料はほとんどが無料なので、複数の企業から取り寄せてお子さんにあったサービスを吟味して下さい。申込に必要な書類が到着したら記入し提出します。問題がなければ後日、お子さんの学力テストを行います。テストは必須ではありませんが、お子さんにあったカリキュラムや能力確認の為に行われます。
スクールの場合はその後面談を行います。お子さんの状態や保護者である親御さんとの話し合いを行い、この時に不明点や質問をしておくと良いです。通信型の場合は面談が無く、サービス開始となります。後はサービスを利用するのみになりますが、不安な方は体験入学を行って実際の教育カリキュラムを肌で感じてみましょう。

幼児教室を始める場合の注意点

様々なカリキュラムはサービスを展開しているので、どれを選べば良いのかわからない。仲の良いママ友が始めたからとりあえずやってみたい。これらの選び方ではなく、お子さんにあっているのかを第一に考えて下さい。体験入学の時にお子さんが楽しそうにしているのか、または興味を持っているのかを確認しお子さんを中心に考えて下さい。
またスクール型の場合はアクセスや、かかる時間、こちらにかかる負担までしっかりと確認して下さい。通信教育型の場合カリキュラムは古いものでないか、そして付録が長く使えるものなのかも確認ポイントです。
これらを吟味している際に少しでもおかしい、不満だと感じた場合はサービス利用を中止して考え直すのも賢い方法です。「たぶん大丈夫だろう。」「問題ないはず。」というのは、お子さんにも負担をかけてしまうので厳禁です。


幼児教育の申込みと注意点

この記事をシェアする